薬剤師のメディカルライター求人.com

薬剤師のおすすめの転職先「メディカルライター」

 

薬剤師の職場と言うと、調剤薬局やドラッグストア、病院など
調剤業務や医薬品の販売を考える人がほとんどだと思います。

 

 

実際、国家試験に合格した多くの薬剤師は、
調剤薬局やドラッグストア、病院などの仕事についています。

 

 

しかし、薬剤師が活躍できる場はそれ以外にもたくさんあり、
そのひとつが「メディカルライター」という職業です。

 

聞きなれない職業でピンとこない人も多いかもしれませんので、
ここでは「メディカルライター」について紹介します。

 

 

 

メディカルライターの仕事とは

メディカルライター薬剤師の年収

メディカルライター薬剤師のメリット・デメリット

薬剤師がメディカルライターになるには

メディカルライター求人を探すのにおすすめの転職サイト

転職を成功させるためのマメ知識

 

 

 

メディカルライターの仕事とは

 

メディカルライターは、医療、薬学などの専門知識を活かして
医療業界、製薬業界のでライティング業務を行う仕事です。

 

製薬会社やCRO、広告代理店、出版社などで幅広く活躍でき、さまざまな仕事内容があります。

 

 

新薬開発に伴う書類作成

新薬の開発には、計画の段階から開発・承認に至るまで
たくさんの書類や論文・症例報告書などの作成が必要となります。

 

 

メディカルライターは、これら新薬開発に伴う申請書類や
薬事承認を取得するための書類などを作成します。

 

 

承認申請に必要な書類は、薬事法や各種ガイドラインに沿って作成する必要があるため
専門知識はもちろんのこと、正確性や迅速に書類を作成するスピードも求められます。

 

 

新薬開発は各社がこぞって研究を進めており、
ライティングに遅れが出れば承認申請自体が遅れてしまいます。
新薬の開発は会社の存続にも影響する重要な業務です。

 

これらの業務を行う場合は、製薬会社やCRO(医薬品開発受託会社)などが勤務先となります。

 

 

医薬品のキャッチコピーや広告の作成

新薬を発売する際には、医療機関向けの専門雑誌に広告を掲載したり、
パンフレットや販促物などが必要になります。

 

 

医薬品の広告やパンフレットは好きに何でも書いていいというわけではなく、
各種ガイドラインや規制に従わなくてはいけません。

 

 

ルールを守りながら製品の特徴をわかりやすく伝えるためには、専門的な知識が求められるため、
多くの薬剤師が活躍することができる仕事です。

 

 

一般の人向けに医療や健康に関する情報を発信する

医療関係の言葉は専門的なものが多く、一般の人には理解しづらい内容がとても多くあります。

 

こういった難しい医療用語をわかりやすく噛み砕いて、
一般の人向けの資材を作成したりメディアを通じて発信することもあります。

 

 

学会の講演内容を記事にまとめる

医療系雑誌には、各種学会の講演内容などをまとめたものが掲載されていることがあります。
また、製薬会社が主催する研修会などの記録集などを作成依頼があれば、
メディカルライターが取材に行き、原稿を作成します。

 

 

国内の学界だけでなく海外の学会に参加することもあり、
英語力があれば世界を飛び回って仕事をすることも可能です。

 

 

 

 

メディカルライターの仕事は非常に幅広く、多岐にわたります。
調剤業務以外の仕事に興味のある薬剤師や広い世界を見てみたいという人には、おすすめできる仕事です。

 

やる気と学ぶ気持ちがあれば幅広い経験ができ、薬剤師の知識を活かし、
年収やキャリアアップも期待ができる仕事です。

 

 

⇒メディカルライターについてもっと詳しく知りたい

 

 

メディカルライター薬剤師の年収

 

メディカルライターの勤務先は、製薬会社やCRO(開発業務受託機関)、
広告代理店、出版社などが多くみられます。
ある程度、経験を積めば、在宅で仕事をするフリーランスという選択肢も可能です。

 

 

各種業界においてメディカルライターの確保は必要不可欠であるため、需要はとても多いのですが、
メディカルライターになりたい薬剤師が多くないため年収相場は高い傾向があります。

 

 

そもそもメディカルライターの知名度がまだまだ低いため、
メディカルライターの仕事を知っている薬剤師も少ないのではないでしょうか。

 

 

そのような需要と供給のバランスから、未経験でも年収は最低400万円程度あり、
500万〜600万円程度の年収を提示している求人もあります。
管理職やマネージャーになれば年収800万円も十分狙えます。

 

 

経験を積み転職によって年収アップ、または独立という選択肢もあり、
将来の幅が広いのもメディカルライターの魅力のひとつです。

 

 

⇒メディカルライターの年収相場を調べてみる

 

 

メディカルライター薬剤師のメリット・デメリット

 

メリット
  • 年収相場が高い
  • 在宅勤務やフリーランスなど様々な働き方ができる
  • 幅広い仕事をすることができる

 

デメリット
  • 仕事に慣れるまでは大変
  • 調剤業務は行わないので、薬剤師としてのスキルは身につかない
  • 書くことが好きでない場合は、仕事が合わない可能性もある

 

 

⇒メディカルライターの求人を調べてみる

 

 

薬剤師がメディカルライターになるには

 

メディカルライターになるために必要な資格などはありません。
しかし、医薬品の専門的な書類や文書、記事を作成するため、医学や薬学の専門知識が必要です。

 

 

そのため、薬剤師や看護師、医師など医療系専門職の資格を持った人が
メディカルライターとして働いていることが多いです。

 

 

特に薬剤師は、医薬品に関する知識が豊富ですし、
調剤薬局や病院、ドラッグストアの勤務経験があれば、
現場の薬剤師さん達のニーズをつかみやすいため、大きなアドバンテージになります。

 

 

メディカルライターとして働く場合、勤務先は製薬会社やCRO、出版社などの募集が多く、
最近は企業から委託を受けて新薬の申請書類やパンフレット、販促資料の作成を
請け負う会社も増えてきています。

 

 

しかし、メディカルライターの求人は専門性が高いため
ハローワークや一般の求人情報に出ていることはあまりありません。

 

 

メディカルライターの求人を探す一番確実な方法は、薬剤師転職サイトを利用することです。
特に未経験の場合は、研修体制が充実した会社を紹介してもらうようにしましょう。

 

 

転職サイトのコンサルタントに相談すれば、外からではわからない研修体制についての情報も
教えてもらうことができるので、求人先を選ぶのにとても参考になるはずです。

 

 

メディカルライター求人を探すのにおすすめの転職サイト

 

メディカルライター求人を探すときに注意しなければいけないのは、
登録する薬剤師転職サイト選びです。

 

 

薬剤師転職サイトと言っても会社によって扱っている求人は様々であり、
調剤薬局の求人しか扱っていない会社もあります。
そのような会社に登録してしまっては、
いつまでたってもメディカルライター求人を見つけることはできません。

 

 

メディカルライター求人を探すのにおすすめの薬剤師転職サイトを紹介していますので、
ぜひ参考にしてくださいね。

 


メディカルライターについて詳しい薬剤師転職サイト

リクナビ薬剤師

 

 

非公開求人が70%以上で、薬剤師転職サイトの中でも非常に多い

好条件や人気の求人の多くは公開求人にすると応募者が殺到するため、非公開求人になっています。
「リクナビ薬剤師」に登録すれば、それらの求人を紹介してもらえるため、
好条件の求人に出会える可能性が非常に高くなります。

 

企業とのパイプが強い

薬剤師転職サイトの中でも企業とのパイプが強いので、
メディカルライターの求人を探すなら「リクナビ薬剤師」には登録することをおすすめします。

 

コンサルタントのレベルが高い

転職を成功させるには、求人先との橋渡しをしてくれるコンサルタントが非常に重要です。
大手人材紹介会社「リクルート」ならではのノウハウと経験をもったコンサルタント
が相談にのってくれるので、転職の成功率も大幅にアップします。

 

⇒「リクナビ薬剤師」への登録はコチラ

 

 

 

薬キャリ

 

 

高額求人が多い薬剤師転職サイト

薬剤師転職サイトの中でも高額求人を多数保有しているのが、「薬キャリ」です。同じ求人先でも薬キャリで見つけると年収アップができることもあるので、登録しておくのがおすすめです。

 

求人数が業界トップクラス

「薬キャリ」だけでなく、提携21社の求人情報を一括で検索できるので、希望にあった求人先が見つかる可能性がとても高くなります。
メディカルライターなどレア求人も多数保有しています。

 

⇒「薬キャリ」への登録はコチラ

 

 

 

転職を成功させるためのマメ知識

 

賢く転職するためには、複数の転職サイトに登録しておくことをおすすめします!

 

複数の転職サイトに登録する5つのメリット

同じ求人でも転職サイトによって、年収など条件が違う
転職サイトによって保有する求人は異なるため、希望の求人が見つけられる可能性が高くなる
相性の合うコンサルタントに出会える確率が高くなる
複数から幅広い情報をもらうことで、偏りのない判断ができる
転職サイト同士が競合して条件がよりよくなる

 

⇒メディカルライターについて情報収集したい人はコチラ